選手評

減量失敗のRENA。2019年復帰の目処は?

2018年、大晦日日本格闘技の主役は、誰がどう見ても那須川天心とフロイド・メイウェザーでした。試合に至るまでの過程、試合内容、試合後のファン間での大論争など、良くも悪くも大きな話題になりました。

しかし、2016年くらいまではRIZINの主役はRENAでした(2017年は堀口恭司かな)。女子カクだけに止まらず、日本格闘技界の重要人物だったRENAは、2018年大晦日のリングに上がることすらなかった。しかも、オファーがないとかじゃなくて、減量失敗での失格。

2017年、RENAは対戦相手のアンディ・ウィンが計量に失敗したことがあります。その際はRENAは毅然とした態度で対応し、試合でもきっちりKOしました。

ところがその一年後に、自分がまさかの計量失敗。しかも浅倉カンナに2連敗を喫し、格闘技を辞めるかも発言からの復帰戦。復帰戦という意味合いの試合なので自分がRIZINデビューを飾った時と同じ第一試合を自ら希望したと言います。

正直、主役ではありません。主役はもう他の人に渡ってしまった。だからこそここ数年と異なり、自由に、自分のために挑戦できたはず。それなのに・・・です。

MIOの告発は良かったのか?RIZINはRENAを出させようとしていた?

さて今回の一件、計量失敗が明らかになった時はRIZINとしては出場させるつもりだったと思われます。「体重問題はあるけど出場する方向で話し合う」と榊原さんも明言していました。ファンも批判の声もありつつもそこまで本気で批判している感じではありませんでした。

ところがその後、RENAの妹分であるMIOがRENAの状態をTwitterで告発。これが大きな波紋を呼びました。

「絶対に試合させちゃいけない」というファンの機運が高まり、それが原因かどうかはわかりませんが結局RENAは失格。まあ、妥当な判断だと思います。こういっちゃなんですが、今回はRENAは主役でもなかったし、彼女のカードがなくなったからといって大きなダメージが興行自体にあるとは全く思えませんでした。

実際のところわかりませんが、きっかけとなったのはMIOのTweet。彼女からしたら大好きな大先輩に無茶をして欲しくない、という一心で取った行動だと思います。
ただ、そのTweet内容はちょっと気になる点がありました。あくまでニュアンス、受け取り方次第かもしれませんが、RENAをかばっているように読めます。「女性の周期と重なり・・・」というやつですね。

きっとそうなのでしょう。僕は男性なので、女性の生理がどれくらいのものなのかは正直分かりません。ただ、それをいったら女子スポーツは成り立たない。格闘技の場合、他の出場全選手も全く同じ事情を抱えていて、それでも計量を成功して試合に臨んでいる。

プロとして、この言い訳は違うだろ、と思いました。生理だから大目に見ろってことですかね?と。ここはただ単純にRENAの現状を伝えた上で、「試合は辞めるべき」で良かったと思います。

どうやらMIOは、大晦日当日、試合着を持って会場に入ったそうです。RENAがそれでも試合をしなくてはならなくなった場合に自分が出る、と言えるように。

その心意義も立派なんですが、ここで読み解けるのは「MIOが代わりに出て出場を止めるってどういうシチュエーションなんだ?」ということ。RENAが自分の意思で「どうしても試合に出たい」ならMIOが代わりに出る!っておかしいですよね。ここはやはり、第三者の事情でRENAがやらざるを得ない場合に自分が出る、という流れの方がしっくりきます。

そう考えると、やはりRIZINはRENAを出させようとしていたのだと思います。まあ、主催者側の事情を考えると悩ましい問題なのは分かりますけどね。ただ今回は天心VSメイウェザーがあるからもういいじゃん、と僕なんかは思ってました。

RENAは復帰するのか?精神的ダメージは大きそう

それより何より気になるのはRENAの現状です。責任感の強いRENAのことですから、大晦日の会場でファンに謝罪をするかと思いきやそれもせず。同時期に発売された写真集のイベントも中止になったそうです。

RENA側からの何らかの発信は、1月2日のブログでの短い文章のみ。Twitterも写真集イベント中止のお知らせをリツイートしているだけで、今現在、RENAがどういう状況なのか全く分かりません。

これらから考えると、RENAはどうやら相当ダメージを受けているものと思われます。肉体的には流石にもう大丈夫でしょうが、プロ格闘家として最もやってはいけないことの一つ、計量失敗をしてしまい、興行に穴を開けてしまったこと。

今回のブランクからの復帰戦にあたり、RENAは「格闘技がやりたいから帰ってきた」という趣旨の発言をしていました。しかし責任感と当事者意識が強いRENAのことですから、この状況で「私は格闘技がやりたいからまた試合に出たい」とは言えないんじゃないかと。

ただ、とはいえRENAが何らかのお詫びをするのであればそれはリングの上に立つこと以外ありません。ブログやTwitter、もしくはリングの上でどれだけファンに謝ったところで、それは誠意ある対応とはいえないでしょう。

主役の座は奪われたとはいえRENAはやはり女子カクにいなくてはならない存在。彼女がいるシーンといないシーンでは歴然とした差があります。RENA、試合面白いですしね。個人的に、女子カクの試合で面白いなあと思えるのってRENAくらいですよ(真珠も結構面白いけど)。

精神的にしんどいのはよく分かりますが、4月のRIZINでの復帰戦、期待しています!

RENA フォトブック RE:NA (単行本)
RENA
集英社
売り上げランキング: 6,425

関連記事

  1. 【ありがとう】ミルコ・クロコップ引退と思い出
  2. 武尊のK-1愛は本物を感じる。天心とはどっちが強い?
  3. 【格闘代理戦争】青木真也が面白い理由
  4. 【妄想】コナー・マクレガーVS那須川天心は実現するならどんなルー…
  5. 2019年も那須川天心が面白い理由
  6. 【RIZIN】川尻達也が日本格闘ファンから好かれる理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP