選手評

武尊のK-1愛は本物を感じる。天心とはどっちが強い?

新生K-1のカリスマ、武尊の不幸

新生Kー1最大のカリスマ、武尊。どうでもいいけど武尊って、一発で漢字変換しないから不便です(笑)。

彼、憎めないし応援したいんですが、彼にとって不幸なのが那須川天心という存在ですよね・・・。この存在さえなければ、武尊ってもっと目立っただろうし、格闘ファンとしても素直に応援できたと思うんですが・・・。

彼のK-1愛は本物だなと思うんです。鳥取から上京してきて格闘家になって、少年時代に憧れたK-1という舞台をもう一度作りたいという熱い思いを、彼は確かに持っているなと感じるのです。

もっと早い段階で武尊は那須川天心と戦うべきだった

まだ天心がここまでビッグネームじゃなかった頃、3年くらい前ですかね。天心は武尊にラブコールを送っていたわけです。ただその頃には武尊の方がはるかにビッグネーム。

多分彼はこの頃は天心を恐れていたとかそういうんじゃなくて、単純に「相手にしていなかった」んだと思います。彼にとっては自分が戦うK-1を盛り上げることの方が重要だった。

そしたら天心がRIZINに出て、どんどんと名前を売っていった。天心は名前を売っていっただけではなく、ロッタンやスアキムといったムエタイの超強豪も撃破。実力が本物であることも天下に知らしめていった。

そして極め付けがフロイド・メイウェザー。エキシビジョンマッチだったし、なんなら1RでボコボコにされてTKO負けを食らったけど、あの1試合で天心は世界的にも名前が知られたし、コナー・マクレガーも対戦要求を出すわ、パッキャオもメイウェザー批判文脈とはいえ天心の名前を口に出す。

一方、武尊は新生K-1という狭い世界の中で、「こいつ、本当に強いの?」という選手ばかりを相手に戦っていました。盛り上がったとはいえ、皇治との一戦も実績や実力では全く相手にならない選手ですからね。

なんか言い方悪いですが、インディーズバンドが地元のライブハウスでソールドアウト連発してる一方、昔のライバルバンドがメジャーデビューして紅白出てた、くらいの感じだと思うんですよね。例えとしては言い過ぎかもですが、感覚的にはそんな感じ。

これはもう、もしも話になってしまいますが、もし天心がここまでビッグネームになっていなかった時に武尊が戦っていたら。
どっちが勝つか負けるかというのもありますが、きっと今みたいに武尊は惨めな思いはしていないと思うんですよね。彼は今、自信を持って「世界最強」とは心の底では思えていないわけです。むしろ、「井戸の外が見えている井の中の蛙」状態なんじゃないかなあと。

もちろん彼が悪いわけじゃない。彼自身が逃げ続けているわけじゃない。皇治戦の後のマイクで語ったように、複雑で厄介な大人の事情があるのです。ただ、全て運営のせいにするわけにも行きませんよね、彼ももう大人なわけですし。少なくとも天心より大人なわけで、「僕は戦いたかったんですけど」なんて子供みたいな言い訳はできませんよ。プロなんだから、自分の責任は自分で取らないと。

2019年、武尊と那須川天心が戦ったらどっちが強い?

さて、年末の皇治戦後のマイクアピールでにわかに騒がれ始めた天心戦。個人的には、天心のことを考えたら国内のインディーズマッチではなくてグローバルに目を向けて欲しいなと思っていますが、それでも国内格闘技の盛り上がりのためにはやっておくべき試合なんでしょう。そうじゃないと、新生K-1と武尊はこれまで以上のブレークスルーはできない気がします。

で、問題は勝敗。どっちが強いのか?大前提としてキャッチウェイトにして体重は57kgとかその辺りに落ち着かせるとしましょう。で、ルールはK-1ルール。

勝敗予想ですが、武尊も見せ場は作るもののやはり天心が勝つんじゃないかなと思います。これまでの試合を見る限り、天心は攻めている時は強いものの探っていたり相手がペースに乗って攻めてくると後手後手になる。特にプレッシャーをかけられると苦しくなってきます。

武尊は細かい技術も散りばめながらですが基本的にはパワーファイト。相手に細かいカウンターを合わせつつも重圧で相手を押しつぶしていき、仕留めるタイプです。つまり、天心にとっては相性がいいとは言えない。

ロッタンやスアキム、もしくは堀口戦では、天心がメンタル面でナイーブになっているような印象を僕は持ちました。慎重になっているというか、攻めきれないというか。

ポイントは、武尊戦において天心がメンタル上でリードできるか。正直、天心はもう武尊より格上だと思っていると思うのでこの心配はないんじゃないかなと思います。

あとは、武尊の打たれ強さがどれくらいなのかですよね。天心もメイウェザー以外にダウンを食らったことありませんが、武尊もプッシングダウンみたいなのは一度ありましたが、効かされて倒される、みたいな経験はありません。

まあただ、武尊がこれまで本当の強豪と呼ばれる存在とやっていたかというとそうでもない。なので、武尊がどこまで強いのかは実はまだ証明されていないんです。

2019年3月のKsFesta2で、武尊はムエタイのラジャダムナン王者と戦います。どうもこの選手はムエタイルールでは強いもののK-1ルールでは不利なんじゃないか、と言われてはいます。ただ、それでもラジャダムナンの王者。弱いわけがない。この試合で武尊の真価が問われるのは間違い無いでしょう。

しかし、天心以外に武尊はストーリーを描けないこの現状、どうすればいいんでしょうね・・・?天心はRISE以外にも色々と活動の幅を広げてますが、武尊は芸能活動以外はK-1鎖国状態ですからね。

K-1に体質改善が望めなければ、これ以上の武尊の活躍はない気がしますよ・・・。

武尊 ファースト写真集 『 武尊 』

ワニブックス
売り上げランキング: 28,717

関連記事

  1. 【RIZIN】川尻達也が日本格闘ファンから好かれる理由
  2. 2019年も那須川天心が面白い理由
  3. 【妄想】コナー・マクレガーVS那須川天心は実現するならどんなルー…
  4. 【格闘代理戦争】青木真也が面白い理由
  5. 【ありがとう】ミルコ・クロコップ引退と思い出
  6. 減量失敗のRENA。2019年復帰の目処は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP