コラム

何故、ONEは日本市場を開拓するのか?その理由を考えてみた

先日も書きましたが、ONEが日本でのポジション確保に結構ガチです。

3月に予定されているONE日本初大会には日本人である青木真也に加え、UFCから獲得したデメトリアス・ジョンソン、エディアルバレスのONEデビュー戦を投入。それだけにとどまらず、かつて日本をホームタウンとしていたビビアーノ・フェルナンデスまで投入してきました。青木とビビアーノはタイトルマッチです。

なんか一気に攻め込んできた感半端ないですよね。ONEは大会数も多いし、もーちょっと分散させたほうが今後の為にもいいんじゃない?この後息切れしない?といらぬ心配をしてしまいますが、逆にそこまで本気で日本での地位を確立したいんでしょう。

でも疑問なのが、なんでそんな日本に躍起になってるの?ということ。もはや経済力では中国に抜かれてるわけだし、日本の将来に悲観してる人なんてたくさんいるし、格闘技業界においても日本が首都だった時代はもう今は昔ですよ、と。

というわけで、今回は勝手に考えてみました。何故、ONEが日本市場開拓にガチなのか、について。

理由1:アジア圏ではRIZIN以外は楽勝だから

まず最初がこれ。アメリカ、ヨーロッパ、ブラジルなどはもうUFCが制覇しているとして、アジア圏に限定すると他アジア圏で有力なのってRIZINだけですね、ということです。韓国のROAD FCや中国のKUNLUN FIGHTなど、プロモーションはあるにはありますが、どうにもローカル大会の印象が拭えません。

そんなこと言ったらRIZINだって日本でしか開催してなくて日本人向けのプロモーションなんですけど、RIZINがまだグローバル感を保てているのはかつての黄金プロモーションPRIDEのスタッフが作っていることと、堀口恭司など世界的に見てもトップファイターが在籍しているからじゃ無いかと思います。先日はメイウェザーの参戦で海外でもとりあえず認知度は上がったと思われます。

まあ僕、ずっと日本国内にいるので海外からRIZINがどう思われてるのか正確にはわかりませんけどね。ひょっとしたらアメリカではROAD FCやKUNLUN FIGHTとのポジションの違いはないのかもしれないけど。

ただRIZINを目の敵にしているのは確か。先日も「我々はボブサップ対大砂嵐のようなコミックショーはしない」とほぼ名指しでRIZINをコケ落としました。

ONE初上陸の3月大会ではとにかく徹底的に日本ファン(=RIZINファン)に目にもの見せてくれよう、とすんごい選手をどんどん投入してきたわけです

理由2:最も格闘技ファンが多くポテンシャルがあるから

「格闘技ファン」の数の多さなら日本は他国よりも多そうです。その証拠に、2018年の1大会あたりの観客動員数は1位2位はRIZINでした。

まあプロモーション全体ならUFCでしょうけど、「やるよー!」って声かければ「うおおおおお」となる「格闘技ファン」は日本は多いんでしょう(国土が狭くて移動しやすいというのもあると思うけど)。ONEの他国大会に集まるファン層がどのようなインサイトなのか分かりませんが、ONEにはチケットばら撒き集客噂もありますし、セレブっぽい演出を一生懸命やってるので「なんか流行ってるから行ってみるか」くらいのファンも多そうです。つまり、本当の意味での「ファン」ではなくお金を落とさないファン、ということです。

それに対して日本は旧K-1やもしくはもっと前からのリングス、Uインターなど、格闘技をライフワークのように楽しむファンが多くいる。

ということは、ビジネスとしてのポテンシャルがある、という見方が出来ます。何しろ日本のPRIDEは以前は世界1のプロモーションでした。時代背景や規模感が違うとはいえ、お金を落とすファンが多いという事はビジネスを仕掛けていく上で手っ取り早いですよね。他のアジア圏はナーチャリング(ファンを育てる)をしないといけないですが日本ファンはもうあったまってる。だからこそ、エディアルバレスやDJの投入のわけです。他のエリアでこの二人を突っ込んでも「何かすごい人らしいよ?」くらいの受け止められ方なのかもしれません。あくまで推測ですが。

理由3:チャトリが日本(の格闘技)好きだから

最後にこれ。何かチャトリさん、半分意地というかやけくそになってるような印象を受けちゃうんです(笑)。修斗囲い込みなんてRIZINを目の敵にしすぎというか。いじめてるように見えますよね。

これ、愛情の裏返しじゃないかなあと。日本の格闘技で彼はきっと育ったんですよ。昔のK-1とかPRIDEに熱狂していたんですよ。

彼がやりたいのは、自分が熱狂した日本格闘技の再現と支配。だから会場コールはレニー・ハート使ってるんです、きっと。
*そういえばレニーハートとはONEは独占契約結ばないんですかね?レニーハートがそれは断ってくれてる、とかなら泣けますが!

まあその割にMMAのアスリート性を押していて日本MMA文化とずれてもいますが、今回の日本大会の豪華っぷりを見ていると意地でも日本でトップを取るんだ、という強い意気込みを感じます。

チケット完売!という話はまだ聞こえてきませんが・・・。どうなんでしょうね?両国国技館なのでたまアリほどキャパはなく、カードの豪華さと会場規模が釣り合ってないなーとは思ってましたが・・・。これでも売れないとなると今後が厳しいでしょうね。チケットばら撒きじゃなくて実売で売れないと意味ないだろうし。

ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」
青木 真也
KADOKAWA (2019-02-20)
売り上げランキング: 19,505

関連記事

  1. 【RISE vs K-1】面白かったのはどっち?
  2. 天心VS武尊、RISEvsK-1、興行戦争はどちらが勝つ!
  3. 格闘家は仲良くしちゃダメなのか
  4. ONEの考えるマーシャルアーツの美徳があんまり同意できない件
  5. ONEと修斗が提携!でもどうしてもONEにノレない理由
  6. 榊原実行委員長は密かに尊敬してます
  7. DREAMと戦極(SRC)の思い出
  8. 入場シーンがかっこいい格闘家

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP