コラム

KNOCK OUTは厳しい?2019年以降どうなる?

最近ちょっと立ち位置がわかりづらくなったプロモーション、KNOCK OUT。

いっ時は新生K-1の対抗軸として注目を浴び、「俺たちこそが本物」的な打ち出し方をしていたKNOCK OUT。興行の会場もさいたまスーパーアリーナとまでは行かずとも大田区総合体育館や両国国技館など、広めの会場でイベントを打っていました。

ただここ最近はRISEの方が目立っているし、新生K-1の規模拡大は止まらない割にKNOCK OUTが話題になることも少なくなってきたように思えます。また会場も後楽園ホールでの興行が多くなってきました(それが悪いというわけじゃないけど、会場キャパと客足が揃ってないのかなと邪推しちゃいますよね)。

というわけで、ここ最近のKNOCK OUTについて無責任にああだこうだ書いていきます。

梅野源治、那須川天心という当初の看板選手がいなくなったKNOCK OUT

KNOCK OUTは旗揚げ当初、梅野源治と那須川天心という二大ヒーローを掲げて立ち上がりました。上述した通り新生K-1にNoを突きつけるべく「俺たちこそが真剣勝負。ガチだ!」と高らかに宣言したのであります(K-1を名指しはしてないけど)。

ただ、まず梅野源治が早々に姿を消していきました。彼は玄人好みの選手であり、バンバン人が倒れていくKNOCK OUTの中で判定続きでイマイチ人気が出なかった。おまけに出場選手から「倒せないKING」と揶揄されてしまうほど。

まあこれは格闘技にありがちな「盛り上げパフォーマンス」だったと思いますが、プライドの高い梅野源治はそれが許せなかったのでしょう。「KOだけが格闘技の魅力じゃない」と方針の違いからKNOCK OUTのリングには上がらなくなります。

那須川天心のKNOCK OUT離れはCygamesのスポンサー関係?

一方、那須川天心は旗揚げ興行で派手なノックアウト劇を演じ、てっきりKNOCK OUTを主戦場にしていくのかと思われていました。ガチのキックボクシングはKNOCK OUT、それ以外のエンタテイメント格闘技はRIZIN、というような使い分けをしていくのかなと。

ただ、スアキムとの白熱の試合以降、天心はKNOCK OUTに上がっていません。そしてRISEで実現したロッタン戦以降、キックボクシングのガチ目カードは全てホームリングであるRISEで行なっています。

天心は予てから「キックボクシングの上位概念のステージを作りたい」と発言していましたが、KNOCK OUTこそがその舞台になるんじゃなかったのでしょうか。こないだ開幕したワールドシリーズなんて、本当はKNOCK OUTがやるべき企画だったはずです。現にライト級ではアジアトーナメントをやってるわけですし。

天心とKNOCK OUTの関係性は正直よくわかりませんが、おそらくかつてほどの距離感ではないのでしょう。この背景にはCygamesの那須川天心への巨額スポンサードがあるんじゃないかと思ってます(巨額と書きましたが、額は知りません!)。

CygamesはRIZINにもスポンサードしてますが、要は那須川天心に対するスポンサーだと思った方が正確でしょう。Cygamesからしたら冠スポンサーとして目立ちたい。ただKNOCK OUTは母体がブシロードであり、Cygameからしたら好きなように目立てないのかもしれません。

ということで、Cygameからしたらもちょっと天心と自分たちのブランディングがしやすいRISEと距離を縮め、Cygamesの資金力を糧にしてRISEが本気を出してきた、と。那須川天心としても、KNOCK OUTに恩義はきっと感じているんでしょうが育ての親とも言える伊藤会長が率いるRISEを盛り上げたい、という思いが強くなったのでしょう。

こうして、KNOCK OUTは強さの象徴でもあった梅野源治と那須川天心という旗揚げ当初の目論見がすっかり外れてしまうことになったのです。もともとキックファンの間では知名度も支持もあったこの二人が離れることになるのは、KNOCK OUTからすると想定外だったはずです。

KNOCK OUTが売り出す選手は面白いぞ!

でも、KNOCK OUTはもう独自の世界観を築きつつあります。ブシロードの木谷オーナーは「まだ雪だるまを転がしてタネを作っている状態。ある程度大きくなれば転がすだけでどんどん大きくなっていく」と発言しています。そのタネを作る熱を生み出すために、ファンとの距離が近い後楽園ホールを主戦場としているのだと考えることもできます。

実際、KNOCK OUTが売り出した選手は多い。まず大盛り上がりを見せたライト級グランプリで森井洋介や前口大尊、町田光、勝次といったヒーローを生み出しました。スーパーライト級グランプリはライト級ほど火はつきませんでしたが、不可思や秀樹(いづれもRISEの選手ですが・・・)が陽の目を見ました。

また最近だとフライ級で石井一成やタネヨシホ、大崎一貴が活躍。グランプリは行われていませんがスーパーバンタムで小笠原瑛作や江幡 塁の名を知らしめたのもKNOCK OUTです。

いづれも各団体で実績を上げている、実力者だからというのもありますがそれぞれの母体の活動では有名になりきれなかったのも事実。そうした選手たちに活躍の場所を与えたKNOCK OUTの功績は大きいと思うんですよね。

RISEとKNOCK OUTの関係性は?

RIZINがやろうとしていたフェデレーション構想に、K-1以外では確立しつつあったわけです。ただそこに出てきたのがRISE。今後、RISEの存在感は増していくでしょうしKNOCK OUTがRISEとどう付き合っていくのかはよくわかりません。ただ、RISEはAbemaTVでの生放送も続いていきそうなので、RISEの選手からしたらKNOCK OUTではなくてRISEに出た方がメリットはあるかもしれない。

唯一KNOCK OUTが他のプロモーションと差別化できているのは肘ありルールだということでしょう。個人的には肘によるカットはあんまり好きじゃないので肘でのフィニッシュは歓迎しないのですが、肘があることによって生まれる緊張感はKNOCK OUTならでは。RISEも肘はないので、この緊張感とあのスタイリッシュな世界観でどこまで他のプロモーションと差別化できるかですね。

と言っても、黒を基調としたロゴとかの世界観もRISEと似てるんだよなあ・・・。頑張れ、KNOCK OUT!

彼をノックアウト (ハーレクインコミックス)
瀬戸 みどり
ハーパーコリンズ・ジャパン (2019-03-30)
売り上げランキング: 89,541

関連記事

  1. 【ONEとパンクラスが提携】ビジネス視点で考えてみる
  2. 2019年3月10日は興行戦争!RISEvs新生K-1の見所は?…
  3. RISE、AbemaTVで生放送決定!新生K-1との視聴者数バト…
  4. ONEの考えるマーシャルアーツの美徳があんまり同意できない件
  5. 何故、ONEは日本市場を開拓するのか?その理由を考えてみた
  6. 榊原実行委員長は密かに尊敬してます
  7. 主要格闘技団体ラウンドガール感想2019年版
  8. 【RISE vs K-1】面白かったのはどっち?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP