MMA

【RIZIN15】現地観戦した試合の感想

RIZIN15、横浜アリーナ大会を生観戦してきました!やっぱ横浜アリーナは会場が手頃でいいですねー。僕は一番安いA席でしたけど、モニターもリングも見やすくて快適でした!

RIZIN15の客入りは?シュメトフは?そして煽り映像に電気グルーヴ!

DREAMの頃から毎回気にしてしまう客入り状況。見た感じ、90%くらいは埋まってる感じでした!特に僕と同じA席はほとんど空席がなかったように見えました。昨年9月の堀口VS天心、そして昨年大晦日みたいな完売じゃなかったようですが、それでもここまでちゃんとお客さんが入ったのはすごいなーと。

で、今回twitter界隈で話題になってたシュメトフ。いました。会場内でも目立つ。

観客に求められて写真とかも撮ってましたよ。ファンサービス、いいですねー。でも、まだリング上がってないんですよね(笑)。何故、頑なにRIZINが彼をリングにあげようとしないのかよくわかりませんが、ここまでしてるんだから交渉のテーブルくらいにはついてあげて欲しいもんです。

そして!個人的に痺れたのが今回のオープニング映像!桜とともに平成最後、そして新しい時代への幕開けという春らしい期待感と希望を感じさせる映像で、これぞ佐藤大輔映像!という感じでした。

そしてそして、何とBGMは電気グルーヴの虹!ROAD TO USAとかでも使ってたし、佐藤さんはきっとこの曲大好きなんだろうなあと思いつつ、最高にかっこよかったっす!最高!

大雅 vs. タリソン・ゴメス・フェレイラ

画像: 第1試合/スペシャルワンマッチ

第一試合となったこのカードですが、大雅は・・・。最初のダウンを取った時、なんか嫌な予感したんですよね。もともと大雅は顎が弱く、それに加えてどうもメンタルが弱い。弱いというか、不安定。調子に乗っちゃうのか、肝心なとこで勝てない。

結局新生K-1を飛び出してきたはいいものの、全くいいところを見せれていない大雅。このまま終わって欲しくないので、RISEやKNOCK OUTで地道に頑張って欲しいもんです。

村田夏南子 vs. サライ・オロスコ

画像: 第2試合/スペシャルワンマッチ

急遽試合が決まった村田でしたが、流石の一言でした。ほぼ相手になっていなかったですね。オロスコ選手も直前で相手変わって、更に相手のタイプも違えばレベルも違うという、気の毒でしかない感じですが・・・

女子の57kgは渡部と中井りん交えてタイトルを奪い合って欲しいですね。

マネル・ケイプ vs. 伊藤盛一郎

画像: 第3試合/スペシャルワンマッチ

地味に楽しみだったこのカード。伊藤も良い感じの気合の入り方だったのが見て取れました。ただ、1Rこそ元気だった伊藤も、2Rに入って様子見をやめたケイプの本気に全然かなっていませんでした。正直、レベルが違ったと言わざるを得ない。

特にスタンディングでは完全に翻弄されて最後はボディでのノックアウト。これはちょっと伊藤はこの先が見えなくなりましたねー。バンタム級は堀口を頂点にしていろんなタレントが揃ってきてる中、RIZINの中でのポジション獲得に失敗した印象です。そいえばZESTって最近どうなってるんだっけ・・・?

ダミアン・ブラウン vs. 武田光司

画像: 第4試合/スペシャルワンマッチ

んー、これは凡戦だったなー。武田、もうちょっと頑張って欲しかったなー。なんか体格が全然違いましたけどね。ちょっとライト級グランプリに武田が出るストーリーは亡くなっちゃった感じがします。ブラウンも別に見せ場作ったわけじゃないけどね。

渡辺華奈 vs. ヤスティナ・ハバ

画像: 第5試合/スペシャルワンマッチ

渡辺の勝ちで文句はないんですが、試合に勝って勝負に負けた感が少しありますね。渡辺の顔、ボコボコでハバは綺麗な顔してましたからね。渡辺はもうちょっと打撃のディフェンスを練習したほうがいいですね。「え、それもらう?」ていう何のひねりもないストレートとかボコボコもらってしたからね。少なくとも、会場ではそう見えました。

というかハバ、ほんと美人。中世の絵画に出てきそうな顔してる。

朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ

画像: 第6試合/スペシャルワンマッチ

前半戦のメイン。朝倉は会場人気ありましたね。堀口、天心の次くらいに人気あった。まさに成り上がり。そして相手のグスタポも色気あった。この二人のカードはよく組んだなーという刺激ムンムンの試合でした。

試合内容も期待に違わぬ激戦。お互いの打撃が交差し合う。しかし朝倉、流石に今回は分が悪いと思ってましたが、よく制しましたね。途中、グスタポのパンチが効いてる感じもしましたが、そんな中でも冷静にカウンターで反撃を取っていくのはすげえなあと思いました。この人、アグレッシブなのに激情型じゃない。この辺りは五味隆典とはちょっと違いますね。

しかしこれで一気にRIZINライト級日本人トップに躍り出ましたね。矢地はちょっと置いていかれた感あります。ライト級グランプリ、出てくれないかなー。体格的にきついのかもしれんけど。

RENA vs. サマンサ・ジャン=フランソワ

画像: 第7試合/スペシャルワンマッチ

昨年大晦日の減量失敗からの復帰戦となったRENA。結局倒すことはできませんでしたが、RENAのMMAファイターとしてのレベルアップがよくわかった試合でした。彼女、打撃を武器として持っていながらももう寝技もある程度こなせるコンプリートファイターになりつつあると言えるんじゃないでしょうか。

今後はもう、女子アトム級じゃないところで戦うんだと思いますが、彼女はやっぱり華があるのでこれからもガンガン試合して欲しいです。6月の神戸大会も、出ちゃえばいいんじゃないですか?もともと彼女、関西ですよね??

カール・アルブレックソン vs. クリスティアーノ・フロリッチ

画像: 第8試合/スペシャルワンマッチ

んー、これも凡戦だったなあ。お互い何がしたいのかわかんなかった。とりあえず、アルブレックソンの髪はフサフサで触ってみたいです。

北岡悟 vs. ホベルト・サトシ・ソウザ

画像: 第9試合/スペシャルワンマッチ

朝倉未来の試合が本日のベストバウトかと思いきや、すんごいもの見ちゃいましたね。結局、全試合終わってみたらこの試合が一番印象に残ってました。

サトシは会場人気もありましたねー。多分、事前のRIZIN CONFESSIONの影響でしょうね。REALのチャンピオンだからじゃないと思う(笑)。

北岡は、グラウンド勝負にはいくつもりなかったんでしょうか。流石にソウザ相手には分が悪いと思ったのかなあ。まさかKOで終わると思ってなかったけど、リーチが全然違いましたからね。北岡が打撃で行ってもソウザのパンチが先にあたり、結果的にカウンターでもらいまくるみたいな構図になっちゃってました。

北岡は、ちょっともう厳しいかもですね。代わりにニュースターの誕生、ということで喜びましょうよ。彼を日本人枠として入れて、あと朝倉未来入れて、8人でライト級トーナメントやればいいと思います!!

あ、あと。この試合の煽り映像も電気グルーヴ!シャングリラでしたね!北岡に合いまくってる。この状況下で狙ってやってるとしか思えない電気グルーヴ推し!最高だ!

堀口恭司 vs. ベン・ウィン

画像: 第10試合/スペシャルワンマッチ

会場一番人気だった堀口。多分今日だけ見れば、天心より堀口のほうが人気あったように見えました。んで、その期待にバッチリ応えてKOしてみせた堀口はもちろんすごいんですが、今回良かったのはベン・ウィン!開始早々に距離を詰めまくって堀口が得意とする中間距離を潰しにかかりました。で、それが緊張感になってあんな熱が生まれたんだと思います。また見たい選手ですね。

しかし堀口はマイクも上手くなったし、本格的に日本格闘技を背負ってる感が出てきましたね。6月のベラトール出陣も正式に決まり(ってことでいいんですよね?)、日本を背負って世界と戦ってきて欲しいと思います!!!!

那須川天心 vs. フリッツ・ビアグタン

画像: 第11試合/スペシャルワンマッチ

地上波生放送として戦った天心。会場人気は堀口のほうが上でしたが、一般層にはやっぱり天心なんでしょう。

試合は意外と3Rまでもつれました。1Rで倒すかなーと思ってたのですが、相手のフリッツもただのかませ犬じゃなかったってことですね。結局、パッキャオとは師弟関係でもなんでもなかったようですが・・・。

最後は天心が押しつぶした、という感じでしたね。バッサリと切って落とした、というよりは心ごとねじ伏せた、というか押しつぶした。実力差、ですね。まあ、こんなところで負けてたらRISEが台無しですからね・・・。

キング・モー vs. イリー・プロハースカ

画像: 第12試合/RIZINライトヘビー級タイトルマッチ

これも、凡戦っちゃ凡戦でしたね。2Rまではお互い様子見というか、何したいんだかよくわかんなかった。最終的にはイリーが圧力で潰した、という感じでしたけど、モーの嫌がり倒れみたいな感じもしました。

これで晴れてRIZINチャンピオンになったイリー。次期挑戦者として査定試合になるはずだったアルブレックソンがいまいちな仕上がりだったので、また新しい選手の発掘が必要ですね・・・。個人的には、またベラトールから派遣してもらってゲガール・ムサシとやって欲しいですけども。

全体的な感想

久々の横浜アリーナ大会でしたが、見せ場も多く、新スターの誕生もあり、定番選手はきっちり収めてよい興行だったんじゃないでしょうか。

Twitterでみたところによると、フジテレビの中継はなかなかしんどそうでしたが、会場組は快適に見れましたよ。休憩が30分×2回だったのはちょっと嫌でしたが・・・まあ、那須川天心の生中継があるから仕方ない。

おかげで、ツイッターのトレンド、全部RIZIN関係だった!これは素晴らしい!

次回の神戸大会は見に行けないけど、次回はGYAOで生観戦予定です。どんなコンセプトの大会なんですかねー。トップ選手というより、新たな選手の発掘が見たいなー。

DVDでマスター はじめてのブラジリアン柔術
早川 光由
愛隆堂
売り上げランキング: 66,315

関連記事

  1. 那須川天心がRIZIN15でメイウェザーの愛弟子、デイビスとエキ…
  2. 【RIZIN17】朝倉未来VS矢地祐介、佐々木憂流迦VS石渡伸太…
  3. 【RIZIN19】Gyaoで生放送を見た感想
  4. DREAMと戦極(SRC)の思い出
  5. ONE日本大会を見た感想とRIZINとの違い
  6. 【大晦日格闘技】GyaoでRIZIN14見た感想を視聴率について…
  7. 【大晦日RIZIN】平成最後のやれんのか、感想
  8. 【RIZIN18】朝倉海VS堀口恭司をGyaoで自宅生放送観戦し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP