MMA

【RIZIN17】自宅でGyao観戦した感想。

さてさて、前回更新から時間が空いてしまいましたが、GyaoでRIZIN17を自宅観戦しました。会場行ってもいいんですが、さいたま遠いのと、やっぱ自宅生観戦は快適なんですよねー・・。て事で全試合、ちょっとずつ所感書いていきます!

渡部太基 vs. Hideki

画像: 第1試合

オープニングマッチがキックルールかーと思わざるを得ませんでした。そしてなんでこのカード・・・?同じキックルールなら大雅の試合の方が盛り上がったのでは・・・。まあそれはいいとして。渡部太基ってどうして新生K-1を離脱しちゃったんですかね?あんま待遇良くなかったのかな?確かにイマイチ目立ててなかったですが・・・。すいません、正直、感想ないっす。

KINGレイナ vs. ステファニー・エッガー

画像: 第2試合

直前のYoutube番組で榊原さんからボロクソ言われていたKINGレイナですが、またしても負けました。9kg落としたことが話題になってましたが、個人的にはそんなに変わったようには見えず、相変わらずブヨブヨの体に見えました。

彼女の場合、ハルクっぽい売り出し方でハルクっぽいテクニックがあまりない相手と戦ってたから良かったわけで、適正体重でちゃんと結果出していこうと思うならもっと体重落として動けるようにならないと話にならない気がします。しばらくRIZINはおやすみしましょう、本当に。

ハム・ソヒ vs. 前澤智

画像: 第3試合

浜崎を中心に回っている女子アトム級ですが、またしても面白くなりそうな選手が出てきましたね。前澤選手も細かいフェイントとか混ぜながらよく動いてはいましたが、如何せん格の違いが出ちゃった印象。決して圧倒されてたわけじゃないですが、冷静に一瞬の隙をズドンと突かれた感じでしょうか。さすがジンユフレイを一撃KOしただけのことはあります。

浜崎と戦ったらどういう展開になるかわかりませんが、その前に山本美憂とやることになりそうですね。打撃のハムか、レスリングの山本か。ハム・ソヒは今日はグラップリングの力は見れなかったので、山本戦の行方を占うのは難しいですが、個人的には山本がパワーで圧倒しそうな気がします。

ジェイク・ヒューン vs. ビタリー・シュメトフ

画像: 第4試合

話題の男、シュメトフですが、残念ながら期待通りの活躍とはいきませんでした。なんとなく善戦した的な感想がSNSでは多そうですが、それはシュメトフが完全に色物、例えるならば大砂嵐的なポジションで捉えられていたからですよね。

確かにちゃんと打撃のフォームになっていたし、グラップリングもサマにはなっていました。ちゃんとMMAファイターだと言うことはわかった。でもじゃあ実力があるかと言うとちょっと疑問符ですね。特にメンタル面で、1R途中から完全に押されていたように見えました。しっかりとしたMMAファイターとして売って行くのか、ハルク的な売り方をしていくのか、次もまた呼んでもらえるようなのでちょっとプロデュースの仕方は考えた方がいいかもしれません。

ホベルト・サトシ・ソウザ vs. 廣田瑞人

画像: 第5試合

個人的には今大会一番の衝撃でした。正直、廣田が勝つんじゃないかと思ってました。前回の北岡戦と違って、廣田はストライキングが得意だったからです。サトシが廣田の打撃をかいくぐってタックルにいけるかどうかがポイントかと思ってましたが・・・。ただ、あのKOの布石になっていたのは1R序盤に飛び出たサトシの高速タックルでしょうね。あれは早かった。廣田はあれでサトシのタックルを警戒してしまった。そこへ右ストレート。まさか廣田がKO負けするとはねー・・・。

未だ底が見えないサトシですが、RIZINきっての「いい人」キャラは継続。正統派のヒーローキャラですね。こう言う人が目立っていくと、まっとうなスポーツとして世間にも支持されていくんじゃないでしょうか。

川尻達也 vs. アリ・アブドゥルカリコフ

画像: 第6試合

泣けた!それに尽きる!でも川尻、入場曲はDREAM引きずらなくていいんだぞ!と思いました。昨年大みそかの時みたいに、最初の入りだけDREAMのテーマ曲「Lets Entertain You」にして、後は自分のテーマ曲にした方がいいんでは、と。

まあそれはいいとして、川尻の良さが存分に発揮された試合でしたね。DREAM時代だと塩尻と揶揄されていた戦い方ですが、今は観客は川尻の味方。素直に応援できました。相手のアリは良いところがあんまり見れなかったので、また次回呼んであげてほしいものです。

正直、ライト級GPは川尻は大会の拍的にもきついんじゃないかと思いますが、一戦一戦テーマのある試合をしてほしいですね。兎にも角にも、お疲れした!

北岡悟 vs. ジョニー・ケース

画像: 第7試合

盟友、川尻が泣ける勝利を収めた直後だっただけに衝撃でしたね。北岡、ダメージが心配です。特にここ最近はボクシングでの死亡事故が相次ぎましたからね・・・。

しかしケースはマイクでもっとアピールとかしたかったんじゃないですかね?Tシャツとか大量に撒いてたし。なんか運営が無理やりおろしたがってるように見えてちょっとかわいそうでした。

大雅 vs. 町田光

画像: 第8試合

やっと勝てた大雅。本来は階級が上の選手にダウンまで奪って勝ったのだからまあ良い勝利だったんじゃないでしょうか。

やはり彼の持ち味の良さはフットワーク。出入りを素早くやって一瞬でズドンと大砲を落としていく戦い方が似合ってます。ここ最近の彼の戦い方はちょっと迷いがあるのかイマイチ踏み込めてない感じがありましたからね。ふわふわしてると言うか、堂々と戦っていなかった。顎が弱いところは治せるものじゃないですが、引き続き頑張ってほしいですね、本来は華がある選手なので。

対する町田光は、居合パンチ、あんま出せなかったですねー・・。中途半端な構えだけ途中で一度だけ見せましたが・・・。本来はフィジカルで押さえつけて正攻法で倒せるはずだったのに、大雅をとらえきれなかった感じですね。町田はここ最近はKNOCK OUTの選手と言う印象が強いですが、今後どうするんでしょうかね。

イヴァン・シュトルコフ vs. キム・フン

画像: 第9試合

いかにも強そうなRIZIN重量級期待のニューカマー、シュトルコフですが、期待通りのインパクトは与えられず。キムが意外と頑張ったと言うべきなんでしょうか・・・。最後のパウンドもクリーンヒットはしてませんからねえ。今後、イリーと絡んでいくんでしょうか。アルブレックソンや、ジェイクヒューンと次はやってほしいですね。

元谷友貴 vs. 扇久保博正

画像: 第10試合

今大会ベストバウト!どっちが勝ってもおかしくなかったですね。個人的には打撃のヒットをとって元谷かな?と思いましたが、ジャッジはアグレッシブさを評価したってことですかね。しかしお互い実力は拮抗していて、見ていて全く飽きなかったです。5Rやってもよかったけど、あのままもう少し試合があれば元谷の打撃が扇久保をとらえていたかもしれませんね。元谷のパンチ、軽そうに見えましたが・・・。

石渡伸太郎 vs. 佐々木憂流迦

画像: 第11試合

これもしびれる試合でしたねー。元谷VS扇久保とはまた違った世界を見せてくれる戦いでした。正直、圧倒的に石渡が勝っていたとは言えません。ただフィニッシュのグラウンドに行く前の打撃で佐々木に致命的なダメージを与えていたし、そこから流れるようにグラウンドに移行したのはさすがです。

次回は石渡と扇久保ですか。そんなに顔似てるかな・・・。個人的には石渡のおしゃれだけと渋い感じがすごく好きです!

矢地祐介 vs. 朝倉未来

画像: 第12試合

いやー、正直、矢地が勝つと思ってましたよ。未来の強さは認めるけど、流石にフィジカルの差が出るんじゃないかと。。。でも、実は身長は未来の方が少しだけですけど上なんですね。向かい合っても、厚みは矢地の方がありましたがそんなに体格負けしてる感じも受けず。

そして試合は終始、朝倉未来ペースでした。矢地はちょっと見すぎちゃいましたね。理詰めのテクニックで行ったら負けるんだから、もっとガチャガチャ行ってフィジカルで圧倒する展開の方が勝機はあったんじゃないかと思います。実際、3R終了間際の打撃の攻防では数発、ヒットしてましたしね。まあその後、矢地に倒されますが、あれはゴングがなかったらそのまんまフィニッシュされててもおかしくなかったですね。

矢地はもうライト級GPはないでしょうねー・・・。一方、未来はどうするんでしょうか。本人はやりたくないみたいですが、榊原さんは出すつもりのようですね。個人的には未来は適正体重でやってもらって、不要なリスクはなるべく排除してほしいですよ。やっぱ勝ってることで魅力が生まれる選手だと思うので。

と言うわけで、いろいろな見所が多かった今回のRIZIN。特に開始時間が14時からでいつもより早く、また地上波生中継がないからか休憩も30分。KOや一本は決して多くなかったですが、全体的に見所が多くて中だるみすることなく最後までいけた、良い興行だったんじゃないでしょうか。

天心、堀口、RENA、浜崎がいなくてもちゃんと大会が成り立つくらいにはRIZINも成長してるってことですかね。

次回は名古屋大会。また自宅観戦しまっす!!!


関連記事

  1. ONEと修斗が提携!でもどうしてもONEにノレない理由
  2. 【RIZIN18】朝倉海VS堀口恭司をGyaoで自宅生放送観戦し…
  3. 【RIZIN14 メイウェザーVS那須川天心感想】これは国辱か。…
  4. 那須川天心がRIZIN15でメイウェザーの愛弟子、デイビスとエキ…
  5. 【RIZIN16】Gyaoで自宅観戦した感想
  6. 【ベラトール】堀口恭司vsダリオン・コールドウェル、RENAvs…
  7. 【RIZIN15】現地観戦した試合の感想
  8. RIZINはONEとどう戦っていくべきか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP