MMA

【RIZIN18】朝倉海VS堀口恭司をGyaoで自宅生放送観戦した感想

いやー、すごいもん見ました。タイトルの通り、Gyaoでのんびり自宅観戦していたんですね。で、毎回RIZINは全試合の振り返りをさくさくっと書くのが習慣だったんですけど、今回はちょっとあれですわ、メインのアップセットですべてふっとびました。ということで、今回はこの試合についてのみ、感想を書きたいと思います。

ジャンルを背負う絶対王者が負けたという意味

今回はただのアップセットじゃないと思うんです。堀口恭司は、現在の格闘技ブーム復興のきっかけを作った一人なのは間違いない。彼がUFCを離れ、RIZINに来て活躍したからこそ、現在のRIZINのガチ格闘技路線が生まれてきて、彼をめがけてあらゆる世界レベルの選手がRIZINに集まってきたのです。

しかも先日のベラトールで二冠になったばかり。今大会のポスターが堀口のみを全面に打ち出していた事からもわかるとおり、堀口恭司は日本の格闘技界のヒーローだったわけです。

そしてそれを打ち破ったのが朝倉海、というのがまたドラマチックですね・・・。今、Road to 堀口とでもいうような戦いがRIZINバンタム級の各所で行われているわけですが、それはある意味正統派。アウトサイダー出身だからうんぬんというのは実力的には全く関係ないと思いますが、道から外れたところから堀口を倒した朝倉海。

もしこの結末が石渡伸太郎とかだったら、なんか普通にスポーツライクな興奮で終わると思うんですが、朝倉海が倒したことによってなんとも言えないドロドロもやもやした感情が渦巻いてきます。

絶対王者が道から外れてきた選手に負ける。このインパクトは、ここ数年の格闘技界でも最大のアップセットじゃないでしょうか。

個人的には、K-1WGPでピーター・アーツがジェロム・レ・バンナになぎ倒された時のような衝撃でした。

堀口対策の作戦は朝倉未来?でもそれを実行に移せるのはすごい

今回、朝倉未来が煽り映像でも「秘策あり」的な感じで語っていました。まあ煽り映像だし、脚色こめた強がりもあるんだろうなーとは思っていましたが、結果だけ見ると朝倉海はそれを見事に実践した、ということだと思います。

作戦の詳細はちょっとわかりませんが、打撃で倒すという作戦だったんでしょう。堀口にビビらずにいけば大丈夫的なコメントもしてましたが、実際それを実行に移せる朝倉海はすごいですよね。

決定的なダメージを与えた右のカウンター。堀口は踏み込みの速さで間合いを一気につめる伝統空手スタイルなわけですが、ガードががら空きになる、という欠点もあります。

ただガードが空いていても堀口のスピードと圧力で押されてしまってガードを固めてしまうのが普通の選手。そこを朝倉海は真っ向から挑んでいった。

そして大きかったのは身長差じゃないかなと思います。コールドウェルとも身長差ありましたが、コールドウェルは打撃の選手じゃないですからね。今回はリーチの差を朝倉は活かしつつ、ビビらない度胸で迎え撃ったからこそあの結末だったんじゃないかと思います。

堀口恭司はミスをした?

ただ今回、堀口は必要以上に気負っていたんじゃないかなと思うんです。事前のインタビューでもなんからしくなかった。おとなしくなかったですか?まあ、明らかに格下の朝倉海に対してビッグマウスはなっても仕方ないですからね。大人っぽい発言が多かった印象です。

そして解せなかったのが、1Rから積極的に堀口から攻めていったこと。リーチの差があるのは誰の目に見ても明らかなわけで、本当はもうちょっと細かい打撃やフェイントで相手の出方を探ったりプレッシャーを掛け続けて相手の間合いを崩してからズドン、と一気に間合いをつめるべきでした。

しかし今回の決定打となった最初のカウンターも、堀口が一気につめたところを打たれた形です。どうしてあんなに最初から詰めたのでしょうか・・・。

ひょっとしたらベラトールとの世界二冠ということもあって「自分が盛り上げないと」という意識が必要以上に働いてしまったのかもしれません。

混沌としてきたRIZINバンタム級

しかしこうなるとわからなくなってきたのが今後のRIZINバンタム級。こないだ、RIZIN四天王の戦いがあったわけで、次回大阪大会で石渡VS扇久保が行われ、その商社が大晦日に堀口とやるのかなーなんて思ってました。

今回、そこに割って入ろうとしてきた瑞垣はケイプにやられてしまい、またDEEPからはビクターヘンリーが参戦。誰が堀口と次にやる?というイメージでみんな見ていたと思いますが。。。なんかもう、こないだのRIZIN四天王の戦いとか一回チャラですよね。ランキング制敷いてほしいなー。

そして堀口はもう、ダイレクトリマッチで朝倉海とやるしかなくなりました。んで、次はタイトルかけてやるんだと思うんですが、その時にかけるのってRIZINのベルトでいいんですよね?ベラトールは同時にはかけないですよね?それを決めるのは主催団体なのかな?

そしてタイトルマッチやるとしたらいつなんだろう・・・。次回大会の10月大阪はちょっと日が浅すぎるので、やはり大晦日ですかね・・・!

ということで、混沌としてきたRIZIN。王者堀口のヒーローストーリーでしばらく安定運用なのかなと思っていたら、とんでもなかったですね(笑)。

GONG(ゴング)格闘技 2019年7月号

アプリスタイル (2019-05-23)

関連記事

  1. 【RIZIN19】Gyaoで生放送を見た感想
  2. 【ONEとパンクラスが提携】ビジネス視点で考えてみる
  3. 【RIZIN15】パッキャオ、メイウェザー、ヴァンダレイ・シウバ…
  4. 那須川天心がRIZIN15でメイウェザーの愛弟子、デイビスとエキ…
  5. 【RIZIN20】大晦日、朝倉海vs堀口恭司の勝敗予想。朝倉有利…
  6. ONEの考えるマーシャルアーツの美徳があんまり同意できない件
  7. 何故、ONEは日本市場を開拓するのか?その理由を考えてみた
  8. 【RIZIN15】現地観戦した試合の感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP