立ち技

【K-1?RIZIN?それとも?】那須川天心と武尊が戦うリングは?実現する為の方法は?

双方が主張し始めた那須川天心と武尊

RISEのワールドシリーズを制した那須川天心が、名指しで武尊と新生K-1陣営にコメントしました。
これに対し、武尊もツイッターで即座に反応。


結局実現するかどうかなんだかよくわかんない感じですが、お互いが明らかに意識している発言をし始めた、という点ではムードとしては前進しているのかもしれません(あくまでムード、だけですが)。

ただその数日後のK-1の会見で、中村プロデューサーの口から発言されたのは「戦いたいならK-1のリングに上がればいい」ということのみ。選手本人は戦いたがっているものの、やはりK-1の態度は変わっていないようです。

この二人のこれまではなかなかに複雑な経路を辿っているのでそう単純ではありませんが、那須川天心も武尊も戦いたがっているのは間違いない。それを阻んでいるのは団体の壁なのです。なので、本人たちが逃げているとかそういう話ではない、と(もうそんなことは格闘技ファンは理解してるはずですが)。

武尊のK-1愛は本物を感じる。天心とはどっちが強い?

那須川天心と新生K-1はそもそも論点が違う

その”壁”ですが、壁になっているのは新生K-1の契約です。新生K-1は選手を独占契約で縛る方針であることが明らかになっています。つまり、那須川天心が新生K-1に移籍さえすれば武尊と天心はいつでも戦えるわけです。
ただ、世界を見ている那須川天心にとってそれは飲めない要求。

そう、那須川天心はキックボクシングとかK-1とかそういう話ではなく、日本の格闘技界全体をどう盛り上げるかや、世界に対して日本人の格闘家である自分がどう戦っていくか、という広い視点で語っています。

一方、新生K-1はとにかく「100年続くK-1」を掲げてその方針を一切ぶらしていません。格闘技界全体や1選手のためではなく、K-1という世界を守るためにはどうあるべきか、という考え方です。
団体としての経営方針として、このやり方は間違っていないと思います。一時的な盛り上がりのためではなく持続的に発展していくスポーツとして考えているのです。

だから天心と新生K-1はそもそも議論が成立しない。また新生K-1は幸か不幸か順調に成長している。もし新生K-1の人気が
低迷していれば、起爆剤として武尊と天心の試合を何らかの形で実現させたかもしれませんが、新生K-1は現時点ではそれをする
必要はないのです。

格闘技メディアであるDropkickの会員向けニコ生配信でジャン齊藤氏は「厄介なのは団体としては新生K-1の方が立場が上で、選手としては那須川天心の方が立場が上な事」と評しました。なるほどなあと思いました。確かに那須川天心がホームリングとしているRISEは団体としては新生K-1の足元にも及びませんし、武尊は新生K-1ファンからは支持を集めていますが、それ以外の格闘技ファンからも含めると那須川天心の方が格は上でしょう。

この、立場が入れ子になっている構造がこの問題をややこしくしているのです。まあ、どっちかの立場が両方上だったらこの対戦はそもそも望まれていないかもしれませんが・・・。

那須川天心と武尊、実現の方法は?

では一体どうすればこの戦いは実現するのでしょうか?個人的にはもう結構しんどいのではないかと思っています。天心やRISEの伊藤代表も発言している通り、このカードの賞味期限はせいぜいあと1年以内でしょう。そんな時間軸なのに新生K-1の態度は硬化しています。というわけで、このカードが実現する方法をいくつか可能性とともに考えてみました。

那須川天心が新生K-1に移籍する(可能性:0%)

可能性0%なのに書くなよ、という話ですがこのケースの可能性は0でしょうねえ。前述した通り、天心が見ているのは世界。別に武尊と戦う事に大きなモチベーションを持っているわけではない。1回戦うだけなら新生K-1のリングに上がるのもアリかもしれませんが、3年縛りの契約となる新生K-1のリングに上がっても意味はありません。彼は別にK-1という団体のために戦っているわけではないですからね。

武尊が新生K-1を離脱(可能性:10%)

これも可能性はかなり少ないですが、一応10%とさせていただきました。
ただしこれが発動するには、武尊のエゴがMAXになる必要があります。これまでの発言や行動を見ると、武尊のK-1愛は凄まじいいものがありますね。他意なく言いますが、それは一人の格闘家としてではなく、企業戦士、サラリーマンに近いものがあると思います。
そしてこの条件が発動するには、武尊がK-1ファイターではなく格闘家になる必要があるわけです。先日のK-1の会見を見ると、武尊の発言のトーンや表情はいつもより確実に覇気がありませんでした。那須川天心が確実に「最強」の道を歩んでいるのに対し、何故俺は村越なんだ、という感じ。村越は天心に負けてる選手ですからね。

武尊の発言をそのまんま信じると、彼は彼なりに天心戦を実現させようと色々と動いていたようです。しかしそれが一向に上手く進展しない。その事についても疲労感を覚え、また自分のこれからについて絶望感を覚えているのではないでしょうか。
こうした現象を鑑みて、わずかではありますが10%とさせていただいたのです。

ただK-1の契約を鑑みると武尊は離脱してから最低でも1年間は他団体のリングに上がれません。このことは大雅の事例でも明らかになっています。武尊の場合は新生K-1にとってなくてはならない存在ですから、もっと厳しい条件の契約である可能性もありますね。そうすると武尊の選手としてのピークは過ぎてしまうのかもしれません・・・。

新生K-1が他団体興業に相乗りする(可能性:20%)

これも正直、可能性としてはわずかですがおそらくいま考えられる選択肢でもっとも可能性が高いのがコレでしょう。
他の格闘技イベントとコラボする形で一回限りの興業を打つ、と。

ただ、RIZINやRISEといった既存イベントとコラボするのは考えにくいですねえ。新生K-1のプライドが許さないというか。ただのイメージですが、新生K-1の中の人たちは相当ひん曲がっててねじくれた人たちな気がするので(笑)。

となると、完全オリジナルイベント、ですね。AbemaTVが旗振り役となって逆に地上波に放送権利を売ったりする斬新なビジネスを仕掛けつつ、各界の選手の交流やメイウェザーやパッキャオなども巻き込んで格闘技最大規模のお祭りをやる、と。

これをやるならオリンピックイヤーである2020年しかないですね。

問題はこの大企画を誰が取り仕切るのか、ということ。平成時代の格闘技界大物だったらアントニオ猪木や石井館長、谷川貞治などが動いていく、というのもあり得ますが、この3人、残念ながら新生K-1に対しては発言権も多くなさそうですからね・・・。

格闘技界とは無縁かつ世間的に知名度の知名度のある著名人が出資しつつ中心になって動いていく、という感じでしょうか。ツイッターなどでは高須クリニックの高須社長とかの名前が挙がっていましたが・・・。

ということで色々考えてはみましたが、正直どれも可能性低いですね(笑)。
今度は、もし実現したらどんな戦いになるのかを妄想してみたいと思います!!!

関連記事

  1. 【Abema】格闘代理戦争シーズン4一回戦の感想
  2. KNOCK OUTは厳しい?2019年以降どうなる?
  3. 平本蓮がK-1離脱をした理由は?参戦するのはRIZIN大晦日?O…
  4. 【RISE vs K-1】面白かったのはどっち?
  5. RISE、AbemaTVで生放送決定!新生K-1との視聴者数バト…
  6. 【Knockout】小野寺プロデューサー退任!新体制ではどんなコ…
  7. 【格闘代理戦争】武尊と皇治の仲が悪い理由。武尊は何故舐められる?…
  8. 今こそ語ろう、旧K-1!思い出に残るベストファイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP