立ち技

平本蓮がK-1離脱をした理由は?参戦するのはRIZIN大晦日?ONE?RISE?

兼ねてから予想はされてましたが、平本蓮が新生K-1を離脱しました。

平本蓮が新生K-1を離脱した理由は?

上記引用のツイートではK-1への感謝を述べていますが、以前から彼はTwitterで名指しはしないまでも不満のようなものをつぶやいていることがありました。実際、彼は2018年3月21日のゲーオウィラサクレック戦以降一度もどこのリングにも上がっていません。

理由は明確で、新生K-1では契約解除に1年間を有するからですね。以前、やはりK-1を離脱した大雅もブランク期間がありました。

彼の場合はある程度以前からK-1を離脱することを考えていたのでしょう。Twitterによると「ゲーオを倒した後に引退を考えていたがやはり世界を目指したくなった」的なことが書かれています。

つまり、平本蓮がK-1を離脱するのは、新生K-1では物足りなくなった、ということなんだと思います。格闘技ファンならもうすっかりご存知の通り、新生K-1は完全鎖国体制を引いており、基本的に日本人選手は独占契約を結ぶことが多い。武尊ー那須川天心のいざこざのように、新生K-1ではまるで自由な発言すら許されていないような雰囲気すらあります。

彼は幼い頃から那須川天心と戦友。今でも交流が続いているようです。K-1の世界観を気にすることなく、自由に戦ってどんどん価値を上げていっている那須川天心を、どこか羨ましく思っていたとしても全く驚きはありません。というか、そう思うのが当たり前でしょう。

ファイトマネーに不満があった、的な噂もありますが、それだけじゃないと思いますね。まあもちろん、稼ぎも含めて総合的な観点でK-1の世界の中に縮こまる自分が許せなかったのでしょう。

平本蓮が次に上がるのはRIZIN?ONE?RISE?

ではそんな平本蓮が次に戦うのはどこのリングなのでしょうか。いくつか候補があるのでちょっとずつ考えてみたいと思います。

平本蓮ーRIZIN

まず考えられるのがこれですね。特に今回の発表のタイミングを考えると2019年大晦日のRIZIN20に平本蓮が上るのは十分考えられます。なんだかんだ、国内では最も露出が多いプロモーションですからね。

しかし、継続参戦するかというとそれはあんまり考えられない気がします。まずRIZINはMMA主体の団体であり、那須川天心もレギュラー参加してるとはいえ競技としての世界観は出来ていない。平本蓮もビッグマッチを中心にRIZINに上がることは考えられますが、RIZINを主戦場にするとはあんまり考えにくいですね。

平本蓮ー KNOCKOUT

続いて今年プロデューサーが変わって一新されたKNOCK OUT。ただなー、これは考えにくいんですよねえ。特に新体制になってからはKNOCK OUTはレベルスの上位概念的な世界しか築けていなくて、正直魅力が半減しました。僕、ほとんど見てませんもん。

KNOCK OUTに上がったところで世間的な注目度は上がらないと思うんですよね。うん、これはないわ。

平本蓮ーRISE

続きまして盟友那須川天心もホームリングとしているRISE。今年開催されたワールドシリーズ的な大会が2020年も開催されるなら、ここに参戦するのはありうるでしょうね。そしてRISEに参戦していれば、国内外の他のプロモーションに参戦することも出来ます。伊藤代表はその辺りは寛容そうですからね。
ただ僕、RISEもないんじゃないかなあと思っています。というのは、那須川天心と同じだからです。平本蓮にとって那須川天心は盟友であると同時に意識しているライバルでもあるはず。階級違うから戦うことはないにしても、天心が切り開いてきた道を自分もついて行こうとは思わないんじゃないかなあと。
だって、自分の価値を上げるためにK-1を離れるわけですからね。なくはないけど、RISEもやっぱないかなあ。

平本蓮-ONE

そして最も有力なのがこれですねー。ONE。アジア中心とはいえキックボクシングとして世界で最もスケール感があるのはONEなのではないでしょうか。日本でもAbemaで放映してくれるし、世界で戦いつつ日本でも露出が図れるといういい感じのプロモーションと言えそうです。

難点なのは、K-1と同じく独占契約を引こうとする点ですね。ONEに出てしまったらONE以外は出れない、という。これをどう捉えるかですね。
世界に名前を打っていくなら、RIZINと提携しているベラトールで北米市場に打って出る、というのもアリですが、ベラトールもやはりMMA主体。キックはそこまで発展が見込めません。

平本蓮がMMAとの二刀流でいくなら別ですが、キックで戦っていくならやはりONEが良さそうですね。

平本蓮と戦う非K-1選手は誰??

さて、どこのリングに上がるかと同時に、誰と戦うのか?というのも気になりますね。
この1年、彼がどんな生活をしていたのかよくわからないのでどんな体型になっているかわかりませんが、一応以前はスーパーライト級として65kgで戦っていました。
そうなると考えられるのはRISEのワールドシリーズを制した白鳥大珠や、白鳥に敗れはしたものの日本ムエタイの至宝・梅野源治とかでしょうか。

大雅との元K-1ファイター同士の戦いも考えられますが、体重差がちょっと激しいのと、あまりに生々しすぎてK-1方面からクレームも来そうなのでこれはちょっと可能性低いですかね。。。

あとは名前があるところでいうと旧KNOCK OUTの森井洋介やチャン・ヒョンリー、ヨードレックペッドとかでしょうか。森井はちょっと軽いかな??

あ、RISEに出てたセクサンとかでもいいですねー。

世界に目を向けて言えるとは言え、やはり日本である程度露出もしておきたいところでしょうから、「超強いけど日本では知られてない外国人」と戦うより、まずは国内でビッグネームを倒して名前を上げていくのがいいと思うんですよね。

というわけで、平本蓮の今後に注目です!まずはRIZIN大晦日、もしくは12月29日のベラトールだと思うけど!

ちゃんえな。
ちゃんえな。
posted with amazlet at 19.10.31
中野恵那
角川春樹事務所
売り上げランキング: 321,148

関連記事

  1. 【Knockout】小野寺プロデューサー退任!新体制ではどんなコ…
  2. 今こそ語ろう、旧K-1!思い出に残るベストファイト
  3. KNOCK OUTは厳しい?2019年以降どうなる?
  4. RISE、AbemaTVで生放送決定!新生K-1との視聴者数バト…
  5. 【K-1?RIZIN?それとも?】那須川天心と武尊が戦うリングは…
  6. 天心VS武尊、RISEvsK-1、興行戦争はどちらが勝つ!
  7. 【RISE vs K-1】面白かったのはどっち?
  8. 【格闘代理戦争】武尊と皇治の仲が悪い理由。武尊は何故舐められる?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP